自分のことが好きですか?

  • 2016.10.21 Friday
  • 17:28

 

あなたは、自分のことが好きですか?

 

 

5段階のうちどれですか?

 

 

5 むちゃくちゃ自分が大好き!

 

4 けっこう好き

 

3 可もなく不可もなく

 

2 あんまり好きじゃない

 

1 大嫌い!自分の存在を消したい

 

 

 

1の方は、すぐに、お近くの教会へ訪れてください。

 

 

 

 

神様を信じていながら、1の人がいます。

 

以前の私はそうでした。

 

無茶をします。太く短く人生を花火のように終わらせたいと思っていました。

 

 

 

 

逆に、5や4の人は、「自分が思い描いている姿をちゃんと生きている」人です。

 

でも、危険な場合があります。

 

もし、自分の思い描いている以外のことが突然、起こった時に、2や1に転落することがあるのです。

 

それは、「自分の何か」が基準だからです。

 

 

 

だから、「自分の人生をどのように生きていけばいいのか」という軸をまず適切に設定することが大事なのです。

 

 

例えば、

 

「正社員として勤めていないと、自分がダメだ」

 

を基準にしている人は、どんどん3、2、もしくは1へと評価が落ちていきます。

 

 

 

でも「正社員以外は、ダメ」という基準は、間違っています。

 

それは社会の一部の人が思っていることです。しかも、景気や文化によって、その基準はすぐに移り変わります。

 

 

 

私は、以前は1でしたけれども、自分が何ができるか、どんなことをしてきたか、という揺れ動く評価ではなく、

 

神様の基準で生きていった時に、だんだんと自分が好きになり、今では、4.5になっています。

 

 

 

5ではないのは、たまに「後藤先生って、自分のこと大好きでしょ?」って聞かれることがあり、

 

即座に「いやいやいやー」と否定してしまうことがあるからです。

 

 

 

あと、すごい頑張ってきたことが、むなしく結果も出ずに終わった時に、「あー オレってダメやん」と思ってしまうからです。

 

 

 

 

即答で、

 

「うん。ちょー大好き!神様がオレを造ったから、最高作品だしね!!」

 

と言えたなら、5へと移ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

質問の仕方

  • 2016.10.20 Thursday
  • 19:05

 

今日の格言

 

 

 

「山は風邪ひく」

 

 

 

 

 

 

皆さんも気をつけましょう。

 

 

 

 

 

さて、今日は質問の仕方について考えます。

 

 

 

講演やセミナーのあとで、質疑応答の時間があったりします。

 

 

「いい質問だな〜。自分も知識がさらに深まった」

 

と思えるナイスな質問をしてくださる人がいます。

 

ベストな質問ですね。

 

自分もそうだし、みんなももっとそこを深く聞きたかった、ということを掘り下げる質問。これをしたいものです。

 

 

 

とにかく、質疑応答も含めて、講演なのです。

 

 

 

それから、講演や話の聞き方として、「自分ならこのような質問をする」ということを考えながら、講演を聞いていると、より深く入ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

ティーンチャレンジ&さんみんBDぱーりー

  • 2016.10.17 Monday
  • 19:44

 

日曜の夜に、「クロスロードはティーンチャレンジを応援します」&「さんみんBD」手巻き寿司ぱーりーが行われました。

 

(手巻き寿司の画像はなし)

 

 

その中で、ティーンチャレンジャーに対するギリギリ質問大会が行われました。

 

 

今では、こんなに明るく素敵な笑顔をしていますが、一人一人の過去は壮絶でした。

 

自分だけでなく、家族や周りの人もまさに地獄を味わいました。

 

ただイエス・キリストによって、変えられたのです!

 

 

 

ディレクターのnobuさんがNGを出さない程度の質問をするというものです。もしNGを出したら失格です。

 

「あなたは今まで、何人、こr・・・」こういうのはNGです。(笑)

 

 

その中でも、

 

「ティーンチャレンジ(施設内)のルールの中で、これは厳しすぎるのではないか、と思えることは何ですか?」

 

という質問をしたChieちゃんが、BEST質問賞をゲットし、nobuさんの筋肉にぶら下がるという賞を授与しました。

 

↓↓↓

 

 

さんみんちゃんへの質問も面白いものばかりでした。

 

 

その中でも、

 

「高速道路」の日本語と韓国語の発音の違いは?という質問が盛り上がりました。

 

 

日本人にとっては、その違いは、話すスピードの違いにしか聞こえませんでした。(笑)

 

 

文字で表記すると、こんな感じです。

 

 

日本語:「こーそく、どーろ」

 

韓国語:「コソクドロ」

 

ゆっくり言ってもらったら、日本語に聞こえました。(笑)

 

 

たくさんのケーキのろうそくの火を消しました。

 

子どもたちもテンション高かったですね。

 

もっと遊びたくて帰りたくないと泣いてたAyanaちゃんも可愛かったです。

 

 

 

 

作ってくださったKimikoさんKeikoさん、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から一週間、関東&長野へ出張で行ってきます。

 

長野は山なので、いつも寒くて風邪引きます。セーター持参です。

 

クロスロードチャーチ東京もするつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

テスト0点を取ったらダメ人間?

  • 2016.10.15 Saturday
  • 18:31

 

 

テストの点数、30点以下を取ったことがありますか?

 

 

もし取っていたとしたら、自分のことをどう思いました?

 

・「なんてオレはダメ人間なんだ!」と思った人。

 

・「まあ今回、実力出してないし」と思った人。

 

・「この教科は苦手だからしょうがない」と思った人。

 

・0点を取ったとしても、な〜んも気にしない人。

 

・「逆に誰も0点なんか取ってねーだろー?超、オレって特別♪」みたいな人もいるかもしれない。

 

 

 

赤点を取ったとしても、いろんな感じ方があります。

 

それは、ほとんどの場合、親の価値観に影響されています。

 

 

「あんたはね、お受験しなきゃいけないから、テストはオール満点、最低でも90点よ」という親の元で育った子どもは、もし30点取ったら、絶望でしょうね。

 

「僕はこの家の人間としてふさわしくない」ときっと思うでしょう。

 

 

もし親が「勉強なんかできても、できなくてもいい。ケンカだけ負けるなよ」という家で育った子供は、0点取ったら、誇りにさえ思うかもしれない。

 

 

そこまでいかないにしても、親が子供に「お前はサッカーのレギュラーにさえなれば、テストは別にいい」と普段から言っていたら、0点取ろうが気にしません。

 

 

そういった親の価値観の中で育ってきた子供が、もしサッカーのレギュラーを取れなかったり、友達と喧嘩して負けて泣いて家に戻ってきた場合、「オレはもうダメ人間だ。価値がない」と思ってしまいます。

 

 

 

 

私たちが価値があるか、価値がないか。素晴らしい人間か、ダメ人間か、それは、家庭の教育や社会の評価によって、ほぼほぼ決められてしまう。

 

 

自分の思っている物差しや基準で、それより下回ってしまったら、価値がないダメ人間。それを上回ったら、価値がある素敵な人間。

 

でも、それが本当に正しいのでしょうか?

 

 

 

明日の礼拝メッセージでは、昔も今もこれからも、絶対に変わることのない基準、神のことばである聖書で、判断するなら、とてつもなく素晴らしい人間であることをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

日本の時代別(経済状況)教会のミニストリー方法(4)「バブル崩壊後〜現在」

  • 2016.10.14 Friday
  • 18:01

 

時代別の日本のミニストリー歴を主観ではありますが、見てきました。

 

シリーズ4回で終わりますが、なぜ、これを書こうと思ったのか、そのきっかけを思い出しました。

 

KGK(キリスト者学生会)から、「教会とKGK」という原稿依頼を受けて、キャンパスクルセードとKGKの二つの大きな大学生ミニストリーについて考えたのがきっかけでした。

 

昨日、脱稿したので、思い出したのです。(笑)

 

その内容は、またKGKの発行物で、お読みください。

 

 

「KGKのミニストリー方法は、現代の日本に適している」

 

という思いから、このミニストリー歴ブログが始まりました。

 

 

 

 

 

1991年にバブルがはじけて、終身雇用の神話が崩壊し、実際、リストラで職を失う人が、私の身近にもたくさんいました。

 

証券会社、銀行、不動産業、大手企業でさえ、株価や地価の暴落で失墜しました。

 

またゴルフの会員権が数百万円であったのに、二桁安くなったり、会員権制度撤廃になったりもしました。

 

1998年ごろには、ITバブルが発生しましたが、アメリカ同時多発テロで、バブルがはじけました。

 

2008年には、リーマンショックが起こり、世界規模で経済にダメージを受けました。私の知り合いでも、会社が吸収合併され、転勤になる人が何人もいました。

 

 

1991年以降、経済が破綻したり、好転することもありますが、安定することは無くなりました。銀行も金利が0%に限りなく近くなり、タンス預金が増えている時代。

 

消えた年金問題もあり、いつリストラされるかという不安もあり、社会に頼らず、自分の財産は自分で守らなくてはというような時代になってきました。

 

 

 

横のつながりを大事にするより、自分で自分の危機管理を考える個の時代になってきたように思えます。

 

そういった意味で、1対大勢というクルセード方式のミニストリーではなく、一個人を大事に取り扱うミニストリー方式に大きくシフトチェンジしています。

 

 

ですから、大集会を企画・実行しても、

 

「人集めが大変。」「結局、あまり動員できなかった。」「大会後、教会に新しい人は来なかった。」

 

という印象です。

 

 

というわけで現代は、クリスチャン一人が、自分の家族、友人、大切な個人に対して、深いコミュニケーションを持ち、キリストの愛をもって仕えることによって、その人柄を通して、キリストの香りが伝わっていくことが、現代のミニストリー方法として、適しているのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

賀川豊彦より「数や時代のせいにできない」(by 廣瀬師)

  • 2016.10.13 Thursday
  • 17:30

 

「どうせキリスト教は日本ではマイノリティーだから、社会に影響を与えられないし、何もできないんだよ」

 

 

という考えを吹き飛ばしてくれる人物がかつて日本にはいました。

 

賀川豊彦です。1888-1960年に活躍しました。

 

 

賀川豊彦が起こした関連事業は以下の通りです。

 

(1)キリスト教:ゞ飢饑瀘 ◆屮ぅ┘垢陵Р顱廖´E粗山萋亜嵜世旅餘親亜廖嵜憩本建設キリスト運動」

 

(2)幼児教育:〕鎮娜燹´⇒鳥自然教案 J欅蕷

 

(3)救済事業:/事提供(天国屋) ⊇斬霙鷆 ´N拱飮業 そ醋蔚睛察´タ芭纏業 職業紹介 Ъ産所

 

(4)救霊団事業:/生優ぅ┘甲帖´∨椽蟯霪超技唆叛椎会 1醒貅

 

(5)労働運動:]働組合 ∀働学校

 

(6)社会運動:”當盟挙運動 ∪験莢善運動 G兢運動 ざ惻魃親

 

(7)農民運動:’戚荏塙隋´農村救済(農民福音学校、立体農業、農漁村セツルメント)

 

(8)災害救援活動:ヾ愿貘膺椋匍澑隋´東北飢饉救済

 

(9)協同組合運動:’逝嫉唆帆塙隋´漁業組合 消費組合(神戸消費組合等) そ斬霑塙

 

(10)保険・共済事業:々駝鰻鮃保険 東京復活共済組合

 

(11)平和運動:(刃汰疆卦祷会 遣米平和使節団

 

(12)著作活動:.リスト教 ∀席検´小説・童話 せ蹇´セ┿鑒行

 

 

今の労働組合、JA(農協)、COOP(協同組合)を作ったというのもすごいです。

 

キリスト教会が今よりもっと数少ない時代に、1人でこれだけのことを賀川豊彦はやりました。

 

人数が少ないからとか、力がないからとか、社会がどうのこうの言い訳できませんね。

 


 

 

 

 

(2016.10.9 西日本青年宣教大会講演1〜廣瀬薫師メッセージと資料より抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

ナアマンより「すべてを理解すること」から「どんな場面でも従う」

  • 2016.10.12 Wednesday
  • 14:02


 

日曜のメッセージで、聖書の列王記に出てくるナアマン将軍から学びました。

 

ナアマンは自分の病気のために癒しのお祈りのイメージがありました。

 

「手を置いて、祈ってくれる」

 

私たちも基本的に同じでしょう。

 

 

 

でも、預言者エリシャは面会もせずに、

 

「ヨルダン川で7回洗いなさい。以上。」

 

将軍に対して、かなり無礼です。

 

 

ナアマン将軍は、粗雑に扱われた+自分の思っていた癒され方じゃないので、キレて帰ろうとしました。

 

 

 

 

このナアマン将軍は、実は、私です。あなたです。

 

プライドがあり、自分のイメージ通りにならなかったり、理解ができなければ怒って帰る。

 

 

でも、就職、進学、恋愛、結婚、人間関係、自分のイメージ通りにならないことばっかりです。

 

そして、人生、理解に苦しむことばかり起きます。

 

 

 

大事なことは、

 

「すべてを理解することではない。神にどんな場面でも従うかどうか。」

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

(2016.10.9 すごすぎる教会シリーズ・6「すごすぎる神の計画」より抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

フェイズ6「プロポーズのやり方・受け方」

  • 2016.10.11 Tuesday
  • 20:24

 

東京キリスト教学園理事長の広瀬薫師をお招きして、日、月曜日と西日本青年宣教大会、本日、教職セミナーが行われました。

 

西日本青年宣教大会が終わった時に、青年たちが「メッセージもプログラムも本当に良かったです!」と言ってくれました。

 

企画運営した実行委員の一人として、その甲斐があったなと思いました。

 

 

 

西日本青年宣教大会では、青年キャンプという22時から始まる「ドキドキゲーム」「ギリギリコイバナ」「ワクワクフリートーク」という3部構成で成り立っています。

 

青年キャンプは、もう6回目。

 

「青年キャンプ」の名付け親、佐野泰道先生。「毎年、交代でコイバナ担当しようね」、と誓い合ったのに、私を捨てて、行ってしまわれた・・・。(笑)

 

 

 

今回のゲームは、MASAKIに担当してもらい、「君の名は。」というゲームを考案してくれました。

 

さすがですね。楽しそうでした。

 

 

 

今までにどんなコイバナのテーマがあったか、ちょっと調べてみました。

 

フェイズ1「異性と仲良くなる方法」

 

フェイズ2「モテる法則〜自信に比例する〜」

 

フェイズ3「コクられたら上手に振る方法」

 

フェイズ4「好きな人と付き合える方法」

 

フェイズ5「どんな人と結婚すれば幸せになるか」

 

 

そして、今回は、フェイズ6「プロポーズのやり方・受け方」を話しました。

 

 

時間が足りなかったので、半分も話せませんでしたが、簡単にまとめます。

 

 

 

 

<こんなプロポーズはいやだ>

 

 

・「なあ、KSK」

 

 

「私は、北川景子じゃねえよ。」と言われてしまいます。そして、軽いです。

 

 

 

 

・「毎日、僕に味噌汁作ってください」

 

 

「私はあなたの家政婦になりたくありません」と言われます。

 

 

 

 

・「一緒の墓に入ってください」

 

 

明るい未来が見えません。(笑)

 

 

 

 

・「なあ、オレと結婚するよな?」

 

さも当然のような俺様プロポーズは、「結婚、してやんねーよ」と言われます。(笑)

 

 

 

 

44人が6グループに分かれて、いろんなシチュエーションを作ってもらい、「最高のプロポーズ」をスキットしてもらいました。

 

さすが青年です。10分少々で、どのグループも面白いプロポーズコントを発表してくれました。

 

 

(シチュエーション設定サンプル)

 

「電車が発車する直前」

「テーマパーク」

「雪が降り出したクリスマスイブ」

「キャンパス内でさりげなく」

「マスカット研究会の帰り道」

「礼拝後」

その他もあり。BGM使用可。

 

 

 

<プロポーズするときのヒント>

  • イエス様のためになるのか。
  • 相手のためを思うこと。
  • 曖昧にしない。はっきりプロポーズすることによって、誠意と一筋な気持ちが見える。
  • ちゃんとしたクリスチャンであればあるほど、単なる「付き合ってください」にはどんびく。
  • SNSはやめよう。電話もやめよう。なるべく相手の瞳を見て。物理的に難しい時には、直筆の手紙もあり。

 

<プロポーズの受け方>

  • 生理的に無理な相手でも即答しない。「僕とけっ・・・」「無理」
  • 「祈って考えてみます」これがその場から逃れられる方法。でも、本当に祈ってみて!
  • できれば、一週間後とか、一ヶ月後とか返答のだいたいの目安を伝える。相手は錯乱状態。
  • 牧師に相談する。信仰親友に祈ってもらう。誰彼相談しない。相手があることだから。
  • 断る時には、きっぱり。可能性を残さない。それが相手への優しさ。早く切り替えれる。
  • お受けするときは、祈りからスタート。つまり、イエス様中心の関係になるように。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

日本の時代別(経済状況)教会のミニストリー方法(3)「バブル期」

  • 2016.10.08 Saturday
  • 17:46

 

(3)バブル期(1986〜1991)

 

この時期、急激な円高により、政府は金融緩和政策を行い、それにより株価が上がり、多くの人が投資をしました。

 

株を買い、ビルを買い、海外の事業に手を出し、とにかくなんでも成功したと言われています。

 

豪遊、金のジャラジャラ、アルマーニのスーツ、ディスコのジュリアナ東京(1991~1995)など派手なものが、この時期、特有なものです。

 

 

 

キリスト教会でも、クルセード方式ミニストリーのピークに至ったと思われます。

 

 

1990年の本田弘慈師による武道館大会や賛美集会JERICO(1987~1995)、甲子園ミッション企画(開催時は1993)など、幅広く行われました。

 

特に、滝元明師が全国リバイバル・ミッションという組織を立ち上げ、甲子園ミッションだけでなく、やがて神学校を作り、リバイバル新聞を作り、教団が組織されました。

 

リバイバルムーブメントが活発になり、2000年までに人口の10%がクリスチャンになるという「一千万人救霊運動」も謳われていました。

 

 

この頃、クリスチャンになった人や神学校に行った人、またそんなイベントによく参加した人のことを「リバイバル・ジェネレーション」と呼んだりします。

 

ざわめきを歌えれば、リバイバル・ジェネレーションです。

 

 

また、CCC所属のアーサーホーランド師がこの頃、新宿アルタ前で路傍伝道をしたり、全国横断十字架行進(1992スタート)を開始し、鮮烈なデビューを果たしました。

 

後には、元ヤクザを集め、ミッション・バラバのチームを結成し、メディアなどでも多く取り上げられています。

 

 

 

 

バブル時期からバブル崩壊へと向かう「激変」の時代に、キリスト教会も大きなプロジェクトにチャレンジし、インパクトを狙ったミニストリーが多かったように思えます。

 

教団教派を超えた超教派での集会は、これ以降、少なくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

日本の時代別(経済状況)教会のミニストリー方法(2)「安定成長期」

  • 2016.10.07 Friday
  • 20:01

 

(2)安定成長期(1973〜1991)

 

この時代は、GDPが伸び、どの家庭でも三種の神器(テレビ・冷蔵庫・洗濯機)を揃えるのが当たり前で、小学生はランドセルをそろえました。

 

生活水準において高くなったのですが、みんなと同じことをしなくてはいけない、全体横並びの精神が培われたような気がします。

 

 

 

 

キリスト教会は、この頃も、クルセード方式の大集会をよく行われましたが、日本人のメッセンジャーや歌手が登場してきました。

 

本田弘慈師、羽鳥明師らが有名で、大衆伝道者と呼ばれました。

 

また、ラジオ番組やテレビ番組(主に、中川健一師)でも、キリスト教の番組が制作され、常に福音が聞ける時代になりました。

 

キリスト教の新聞や雑誌、音楽CDなども、発刊発売されました。

 

 

私も何度か、本田先生の直接メッセージを聞いたことがありますが、生活における実例が多く、福音は西洋の宗教にとどまらず、日本においても密着できるものであるという印象を受けました。

 

 

ミニストリー方法の全体的な印象として、同じような「穏やかで温かみのある」空気感をどの集会、どのメディアも持っていたと思います。

 

 

同じ持ち物を求める時代に、この空気感は受け入れやすいものであったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

recent trackback

profile

クリックで応援してください

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM