神に従い続けた片山進悟牧師 召天

  • 2017.08.04 Friday
  • 21:27

 

桜ヶ丘キリスト教会の牧師、片山進悟先生が昨晩10時に天に召されたことを本日、聞きました。

 

今年に入り、癌が見つかり、自宅療養と病院治療を行い、だいぶ弱られているのは聞いていましたが、突如の訃報に驚きと悲しみを隠しきれません。

 

 

桜ヶ丘教会は、西大寺キリスト教会の伝道所であり、クロスロードチャーチも独立する前、私も片山先生といっしょに西大寺キリスト教会の長老会に出席していた戦友でもあります。

 

 

 

2016年11月の中国四国の牧師修養会で、いろいろ話をしたのを思い出します。

 

また、同月に、東岡山キリスト教会で行われた中国四国の教会会議(宣教区会議)で、片山先生がメッセージをしたのを思い出しました。

 

とても心に響いたので、その直後の日曜のメッセージで、片山先生の証を引用しました。

 

 

以下が、原稿です。

 

 

 

 

「先日、宣教区会議が行われ、西大寺教会の伝道所、桜ヶ丘教会の片山牧師のメッセージを初めて聞きました。

 

幼い頃に、自分はお国のために空で命を使いたい、と思った片山先生は、自衛隊に入ってパイロットになります。

 

わずか2年の間に、十数件の事故が発生し、多くの仲間が亡くなったりしたそうです。

 

いろんな経験をして、そこから献身し、ウィクリフの働きに携わります。

 

 

 ウィクリフというのは、聖書翻訳と識字教育のミニストリーです。民族、部族レベルにまで聖書が翻訳されて、すべての人が聖書を読めるようにというとても重要な働き。

 

なので、小型飛行機を頻繁に使うわけです。

 

片山先生は、ウィクリフのパイロットとして、主に仕えていました。

 

 ところが理由はわかりませんが、ある日、突然道が閉ざされて、「空で命を使いたい」という夢が消えた。途方にくれたそうです。

 

幼い頃から、ヴィジョンをいただいて、パイロットになり、具体的に神様のために働くことができたのに、空で命を使い果たせないと知った時に、本当に獣のようにわきまえもなく、もう沈んだそうです。

 

 苦しんで苦しんで、みことばを読みまくり、祈った末に、このみことばが与えられました。

 

 

 「神はこんな石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことができる」(ルカ3:8)

 

 

 能力も経歴もスキルも神の前で、意味を持たない。他に優秀なパイロットはいくらでもいるし、必ずしも自分でなくてはならないことなんかないんだ。ただ、神様が私を選んでくださったんだ。

 

 神の前で、自分の何かを誇るのでなく、神が私を造ったので何かができるんだ。

 

そこに深く気づいた時に、新しく牧師としてのヴィジョンを与えられ、40過ぎて神学校に行き、今、牧師として新しいスタートを切って、主に仕えています。」

 

 

 

 

 

片山先生は、牧師になって、まだ数年。新会堂が2010年に建ち、これからという時に、天に召されたことを考えると、「なぜ」という気持ちが湧き起こります。

 

人間的に「まだ数年」、「短い期間」と思ってしまいますが、しかし、神様の視点では、地上で大きな働きを成し遂げたと信じます。

 

 

どんな状況になっても神に従い続けた片山先生のスピリットは、多くの人に受け継がれ、そして蒔かれた種がこれから実になり、神の栄光が現れるのでしょう。

 

 

 

その桜ヶ丘キリスト教会が、このことによって折れることなく、ますます神の国の働きが前進することを祈ります。

 

 

そして、ご遺族の上にイエス・キリストによる慰めと平安がありますように祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の時代別(経済状況)教会のミニストリー方法(3)「バブル期」

  • 2016.10.08 Saturday
  • 17:46

 

(3)バブル期(1986〜1991)

 

この時期、急激な円高により、政府は金融緩和政策を行い、それにより株価が上がり、多くの人が投資をしました。

 

株を買い、ビルを買い、海外の事業に手を出し、とにかくなんでも成功したと言われています。

 

豪遊、金のジャラジャラ、アルマーニのスーツ、ディスコのジュリアナ東京(1991~1995)など派手なものが、この時期、特有なものです。

 

 

 

キリスト教会でも、クルセード方式ミニストリーのピークに至ったと思われます。

 

 

1990年の本田弘慈師による武道館大会や賛美集会JERICO(1987~1995)、甲子園ミッション企画(開催時は1993)など、幅広く行われました。

 

特に、滝元明師が全国リバイバル・ミッションという組織を立ち上げ、甲子園ミッションだけでなく、やがて神学校を作り、リバイバル新聞を作り、教団が組織されました。

 

リバイバルムーブメントが活発になり、2000年までに人口の10%がクリスチャンになるという「一千万人救霊運動」も謳われていました。

 

 

この頃、クリスチャンになった人や神学校に行った人、またそんなイベントによく参加した人のことを「リバイバル・ジェネレーション」と呼んだりします。

 

ざわめきを歌えれば、リバイバル・ジェネレーションです。

 

 

また、CCC所属のアーサーホーランド師がこの頃、新宿アルタ前で路傍伝道をしたり、全国横断十字架行進(1992スタート)を開始し、鮮烈なデビューを果たしました。

 

後には、元ヤクザを集め、ミッション・バラバのチームを結成し、メディアなどでも多く取り上げられています。

 

 

 

 

バブル時期からバブル崩壊へと向かう「激変」の時代に、キリスト教会も大きなプロジェクトにチャレンジし、インパクトを狙ったミニストリーが多かったように思えます。

 

教団教派を超えた超教派での集会は、これ以降、少なくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

日本の時代別(経済状況)教会のミニストリー方法(2)「安定成長期」

  • 2016.10.07 Friday
  • 20:01

 

(2)安定成長期(1973〜1991)

 

この時代は、GDPが伸び、どの家庭でも三種の神器(テレビ・冷蔵庫・洗濯機)を揃えるのが当たり前で、小学生はランドセルをそろえました。

 

生活水準において高くなったのですが、みんなと同じことをしなくてはいけない、全体横並びの精神が培われたような気がします。

 

 

 

 

キリスト教会は、この頃も、クルセード方式の大集会をよく行われましたが、日本人のメッセンジャーや歌手が登場してきました。

 

本田弘慈師、羽鳥明師らが有名で、大衆伝道者と呼ばれました。

 

また、ラジオ番組やテレビ番組(主に、中川健一師)でも、キリスト教の番組が制作され、常に福音が聞ける時代になりました。

 

キリスト教の新聞や雑誌、音楽CDなども、発刊発売されました。

 

 

私も何度か、本田先生の直接メッセージを聞いたことがありますが、生活における実例が多く、福音は西洋の宗教にとどまらず、日本においても密着できるものであるという印象を受けました。

 

 

ミニストリー方法の全体的な印象として、同じような「穏やかで温かみのある」空気感をどの集会、どのメディアも持っていたと思います。

 

 

同じ持ち物を求める時代に、この空気感は受け入れやすいものであったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

日本の時代別(経済状況)教会のミニストリー方法(1)

  • 2016.10.06 Thursday
  • 20:44

 

日本は戦後から、経済的アップダウンの激しい流れに揺らされてきました。

 

教会もその時代ごとに、ミニストリー方法を変えてきました。

 

 

(1)戦後の高度成長期(1955〜1973)

 

(2)安定成長期(1973〜1986)

 

(3)バブル期(1986〜1991)

 

(4)バブル崩壊後(1991〜2001)(バブル崩壊後も、アメリカ同時多発テロ、リーマンショック、東日本大震災によって不況が続く)

 

(5)現在

 

に分けて、見てまいりたいと思います。

 

 

 

(1)戦後の高度成長期(1955〜1973)

 

戦後は、民主化政策のために軍需から民需となり、インフラ(道路交通)が整備され、国や生活を立て直すために力を注いだ時代です。

 

とにかく、見かけなど気にせずがむしゃらな時です。

 

頑張ればその分だけ、リターンがある時代になり、今の60歳以上の方々が貢献したおかげで、今の日本の豊かさがあります。

 

 

 

キリスト教会は、戦時中、激しい弾圧を受け、天皇を崇拝しない者は重い刑罰を受けました。

 

その迫害の中でも、屈せずにキリスト信仰を貫いた教会グループは、その揺るがないスピリットが受け継がれ、成長を遂げたと言われています。

 

ただ全体的には、教会の数は減らされ、勢いを失い、教会は低迷したままの印象です。

 

仕事に一心不乱に明け暮れる世代で、教会や宗教に関心を持たなかったのでしょう。

 

 

そんな中、アメリカから、ビリーグラハム牧師や著名な牧師がやってきて、クルセード方式(大きな集会)の伝道が単発で行われました。

 

物珍しさもあり、多くの人が参加したと言われています。

 

この時代は、世界の情報がすぐすぐ届くわけではないので、海外から特別な人がやってくると聞けば、興味本位で行ってみようとなった、その意味では、このようなクルセード方式のミニストリー方法は効果的であっと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

牧師のたまご誕生

  • 2016.09.08 Thursday
  • 19:23

 

朝からソワソワしていました。

 

息子の大学合否発表が10時だったのです。

 

9:30頃、大学のサイトをチェックしようとしたら、すでに発表されてました。

 

 

 

 

 合格

 

 

 

「おっしゃ!」

 

思わず言葉が出ました。

 

 

 

 

西村先生(牧師&校長)、中尾啓代先生(英語)をはじめ、ご指導してくださった方々、そしてお祈りしてくださった方々に感謝申し上げます。

 

 

 

私と妻の出身校でもある東京基督教大学(TCU)に行きます。

 

文科省認定ですが、神学校です。

 

神学校とは、おおむね牧師になるための学校です。

 

 

 

牧師に世襲制はありません。

(個人でやってる単立教会ならあるかも)

 

私は、1度も牧師を勧めたことはありません。

 

なぜなら、牧師になるのは、世襲制でも、能力でも、好き嫌いでもないからです。

 

 

神様と本人との関わりの中で、牧師になるかどうかが決まるからです。

 

それを「召命(コーリング)」と言います。

 

 

そういった意味で、2代目ではなく、初代です。

 

 

 

牧師のたまごの誕生に、これからもお祈りしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

(一年前のエレキを弾く嵐士)

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

「職業牧師」が「使命牧師」に変身

  • 2016.06.24 Friday
  • 22:50

 

これは、秘密なことなのかもしれないけど、暴露しましょう。

 

牧師は牧師でも「職業牧師」というのが存在します

 

 

「教会としてこれはやってほしい」ことをただ、こなすだけの牧師のことです。

 

 

こうなると、もう苦痛です。

 

たとえ教会が大きくても、収入が多くても、自分が本当にやりたいことができなければ、職業牧師に成り下がり、自分も教会もそれ以上の成長は望めません。

 

もしくは、心が壊れるかもしれません。

 

 

見極めるポイントは、主体的かどうかです。

 

「新しいことはやりません」「(ヴィジョンがない場合の)この行事は減らしませんか?」

 

こういった主体的でない場合、ほぼ職業牧師に認定です。

 

 

 

しかし、誰も職業牧師になりたくて、なったわけではありません!

 

 

日本において決して高収入とは言えない牧師をなぜ選んだのか。

 

ただ単に教会のお仕事をやります、ということではないと思うのです。

 

 

たましいのため。救いのため。神様の愛をくまなく伝えるため。

 

そのために何かお手伝いしたいという気持ちからスタートしたはずです。

 

 

それが、いつの間にか、職業牧師になってしまうのは、こんなに努力しても認められない。自分のタラント(能力)が生かされない。

 

古くからいる人の圧力で、本当にやりたいことができない。

 

 

それが続くと、やる気がなくなり、やるべきことだけをこなせばいいとなってしまうのです。

 

 

職業牧師になりたくて、なってる牧師は一人もいません。

 

 

今日言いたいことはこれです。

↓↓↓

あなたの教会の牧師を励まして、得意分野を応援してあげてください。

 

そして、味方になってあげてください。

 

一番は、牧師のためにお祈りしてあげてください。

 

 

そうしたら、職業牧師は使命牧師に変身します。

 

エネルギーを帯びて、

 

「自分でこれをやってみたい!」

 

「この教会はこれが必要だから、これをしていきましょう!」

 

「この人のために何かをしていこう」

 

と主体的になります。

 

 

やがて、あなた自身にも、教会にも祝福がたんまり返ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

「人が来なくてもいいから、聖書の深さを語りたいんだ」はアウト

  • 2016.06.16 Thursday
  • 16:16

「人が来なくてもいいから、聖書の深さを語りたいんだ」

牧師が口に出してはいけないセリフ。

そんなのは教会に人が1000人来てから言えばいいのです。


営業の人が「この商品の良さが伝われば、別に売れなくてもいいんだ」と言ってるのと同じ。

医者が「治療方法さえ説明すれば、治せなくてもいいんだ」と言ってるのと同じ。

教師が「授業カリキュラムをちゃんとやってれば、生徒が理解していなくてもいいんだ」と言ってるのと同じ。

著者が「売れなくてもいいから、いい本を書きたい」と言ってるのと同じ。

プロボクサーが「試合内容が良ければ、勝てなくてもいいんだ」と言ってるのと同じ。




なんとか一人でも多くの人に聖書をわかりやすく伝えて、「聴いた人が変わっていく」ことにこだわるのが牧師であり、メッセンジャー。

でなければ、どんな努力も単なるエゴ。

聖書の深い部分を知りたい人には、そのための時間を取り、聖書研究をすればいいのです。



人が来ないで、聖書の深さ云々を言うのは、言い訳だし、

どんなに深い聖書の話をしても、聴く人の心の琴線に触れなければ、自己満足。




神学校で習った、原語解釈、釈義、組織神学を総動員したって、聴く人がぽか〜んとしてたら、ナンセンス。

私も、牧師になりたての頃は、ギリシャ語をよく引用していました。

原語を引っ張れば、説得力があるような気がしていたのです。それは、自分のメッセージの自信のなさの表れだと思っています。

今、原語をほぼ引用しませんが、たっぷり時間をかけて、これはわかりやすいだろうと思っても、届かなければ、独りよがりです。

よく反省しています。


聖書を聞いてもらうのと心に届くのとは別。


常に反省を繰り返し、いかに人の心へ届けるのかを日々、磨いていく牧師こそ、琴線に触れるメッセンジャーと変身していきます。



と自分に言い聞かせています。








  ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村





 

いのち・子育て・性教育・夫婦のスペシャリスト〜水谷潔師

  • 2016.06.04 Saturday
  • 13:05

水谷潔先生を迎えて、今夜ユースのための座談会。そして明日の礼拝メッセージをしていただきます。

金曜のレディース・フェローシップの中で、講演をすでに聞きましたが、とても聖書を軸にされていて、事例がわかりやすく、おもしろかったです。

こんなすごい先生がいたのか!と思いました。今まで存じておりませんでした。



なぜ、クロスロードチャーチに来てくださることになったかというと、SeikoちゃんとManaちゃんのおかげです。

彼女たちが、水谷先生の講演会やセミナーにいままで参加していたからこそ、実現しました。

楽しみです。


簡単に水谷先生のご紹介をします。


いのち、夫婦、子育て、性教育のスペシャリストです。

「小さないのちを守る会」元代表。キリスト教性教育研究会会長。

5冊の著書があり、ブログは一日平均2000件のアクセスがあり、テレビ番組にも出演したことがあります。

キリスト教会だけでなく、教育機関、一般社会でも幅広く活躍しておられる先生です。

ヤンキー牧師とプロフィールに書いてありましたが、ヤンキーでも元ヤンでもないそうです。(笑)


家庭内や子育ての中で悩みを抱えてる方は、クリスチャンでなくても、深い知識だけにとどまらず、具体的にどうすればいいのかという解決策もいただけるでしょう!


お待ちしています。


明日、6月5日(日)11:00〜

Worship Celebration

クロスロードチャーチ岡山

入場無料(席上献金あり)










  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







 

佐藤史和牧師に現された奇跡

  • 2016.05.19 Thursday
  • 23:43

先日、佐藤先生のところにお見舞いに行ったら、だいぶ回復していてびっくりしました。

駐車場に着いたら、病室から手を振って、出迎えてくれました。




佐藤先生は、4月の半ばに深夜交通事故にあって、頭蓋骨骨折、くも膜下出血で、意識不明1週間。

その他、諸々の打撲や機能障害があり、ICUで絶対安静が続きました。



佐藤先生のためのお祈りが岡山の多くの教会から集められました。

そして、その祈りは、韓国、世界に広がりました。

多くの祈りが積まれ、お医者さんもびっくりするほどの回復を見せたのです。


こんな話をしていました。


イエス様と出会って、「あれこれしなくていい。ただ、私のことを語りなさい」と言われて、気が楽になったと言ってました。

また、「この事故に遭わなければ、イエス様から必要なことを学べなかった」とも言いました。

そして、「私は、イエス様に栄光を返さなくてはならない」と言います。





なんと、その事故から、1ヶ月しか経ってないのに、お医者さんのOKをもらって、座りながら、ゴスペルナイトでギターの演奏を弾くことができました。

多くの人は、佐藤先生の姿を通して、イエス・キリストの栄光を見ました。


私たちが生かされているのは、神様の素晴らしさを表すためなのですね。






(5.15 礼拝メッセージ「無限の力を解放する」より抜粋)





  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






 

hi.-b.a.岡山?鈴木雅也牧師がやって来る!

  • 2016.02.17 Wednesday
  • 11:06


2011年にティーンズバイブルキャンプ(中国四国地方の中高生キャンプ)の講師としてお招きした鈴木雅也牧師。

雅也師との出会いは、私が福岡で牧師をしている頃、東京キリスト教学園の夏期伝道チームのリーダーとして、教会に来てくれた時です。

ご覧の通り、雅也師はイケメンです。

この画像はラーメン屋に取り残されているガラス越しの状況。

取り残されても、こんなクールです。(笑)


今は同じグループ、同盟教団の牧師であり、高校生集会『hi.-b.a.』(はいびーえー)のスタッフでもあります。

つまり、高校生のエキスパートです。


というわけで、今週の土日とクロスロードチャーチに雅也師をお招きして、中高生集会の企画&実行と日曜礼拝メッセージをしていただきます。

みんな、楽しみにしています。


岡山にhi.-b.a.ができたらいいなあ〜!という期待を込めて、このタイトルです。




彼の欠点は、ただ一つ。ラーメンにうるさいことです。(笑)

福岡の時、近くの某ラーメン屋があるよと紹介したら、美味しくなかったらしく、いまだに引っ張ります。(笑)

岡山に来たとき、リベンジさせていただきます!





  にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村






 

recent trackback

profile

クリックで応援してください

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM