『出版への道のり』#11 A社の場合〜期待が見事に・・・

『世界に通用する「個性」の育て方』聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て

 

 

 

#11 A社の場合〜期待が見事に・・・

 

 

 

私の企画書に対して、4社中、もっともリアクションが良かった(ように思えた)出版社。

 

 

永田町にゴージャスなビルディングの上方階に構える会社で、

 

初めて訪れることや、立地的な雰囲気に完全に飲まれました。(笑)

 

 

 

緊張を悟られないように、平静を装いながら、

 

「○○時に、○○さん(編集者)とアポしている後藤ですが」

 

と受付のインターホンで話すと、

 

 

私と同い年で、凛々しく「できる感」半端ない編集者さんが出迎えてくれて、

 

大きな会議室に連れて行かれました。

 

 

大きな窓によって下界が見渡せる光景を見ながら、

 

 

 

「わお!これが、出版業界というものか!」

 

 

 

と思いつつも、「まあこの感じは慣れてますけど」という表情で(笑)、

 

30分くらい話したでしょうか。1時間くらいだったかもしれません。

 

緊張で時間は覚えていません。

 

 

 

話の内容は、

 

「なぜ牧師になったのか?」

 

「なぜ本を出そうと思ったのか?」

 

「なぜこの企画なのか?」

 

が中心でしたが、雑談もしたと思います。

 

 

 

そして、最後に編集者さんは、こう言いました。

 

 

 

「このままの企画で十分いいと思いますので、企画会議にかけてみますね。」

 

 

 

この言い方、かなり期待できますよね!

 

 

「おっしゃああああ!!!!」(Font 50)

 

 

という心の声は発せず、

 

クールに、

 

「はい!よろしくお願いします!」

 

と言い、帰りました。(笑)

 

 

 

1週間後、メールが届きました。

 

「編集会議にかけた結果、今回は見送らさせていただきます」

 

との内容。

 

 

 

「ウソやん。。。 あの期待を持たせる感じ、なんだったんだよ〜〜」

 

 

 

と思ったものの、

 

 

「お忙しい時間の中、ご検討くださり、ありがとうございます。

 

 また何かの機会があれば、よろしくお願いします。」

 

 

と、こちらのダメージは一切伝えず(爆)、

 

最後までクールに決めました。

 

 

 

最初から最後まで礼を尽くすというのは、出版を目指す者の品性として大事なことだと思います。

(いや、人として当たり前ですね)

 

 

 

まあ、編集会議にかけてくれて、ダメなら仕方がないのかなあと、気持ちを新たにして、2社目に赴くのでした。

 

 

 

 

【ダメージ・カウンター 30】(100がMAX)

 

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『出版への道のり』#10 出版社からのお返事

『世界に通用する「個性」の育て方』聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て

 

 

 

#10 出版社からのお返事

 

 

 

こういった企画書を提出したところ、ありがたいことに、

 

4社の出版社から「もう少しお話しませんか?」との返事をいただきました!

 

 

その時は、嬉しかったですね。

 

 

会社名は伏せますが、

 

 

A社・・・有名な雑誌も抱えている出版社

 

B社・・・就職系にも強い出版社

 

C社・・・多数、ビジネス書でヒットを出している出版社

 

D社・・・映画界でも幅を利かせている出版社

 

 

 

すべての出版社に訪れます。

 

 

しかし、このあと長く続く苦しみは、この時、知る由もなかった・・・(ドラマ風)

 

 

 

 

 

次回から、1社ずつ何があったのかを具体的にお伝えします。

 

 

ちなみに、最終的には合計8社に訪れることになります。

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

『出版への道のり』#9 企画書の書き方

『世界に通用する「個性」の育て方』聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て

 

 

 

#9 企画書の書き方

 

 

 

一体何が正解かわからないことだらけの企画書。

 

私も何をどう書いていいか、最初はわかりませんでした。

 

まあ新しいことで、最初からわかる人なんていませんが。

 

 

 

まず、私の企画書【11回目書き直しバージョン】をお見せします。

 

 

当初の企画は、現在の本とは違う方向なので(・・・)と一部伏せます。(笑)

 

 

【企画概要】

  • (・・・)、将来に不安を抱き、さらには自分の今後の方向性もよく分からず、(・・・)人は数知れない。

本書は(・・・)本である。

 

  • (・・・)人でも、自分の本来の価値を知ることによって、(・・・)というメッセージを22年間の牧師経験と、心理カウンセラーの視点から伝え、解説する書籍。

 

  • 「人生」「存在価値」「心のあり方」に目を留める時代になりつつある今、本質を見極めて、(・・・)。

 

  • 和尚が書いた本は多いが、キリスト教会(プロテスタント)の牧師は一般書籍をほぼ出していない。(・・・)

 

 

【類書】

・ 『お坊さんが答えます!「すーっ」と悩みが消えてなくなるコツ』名取芳彦(2011年11月・あさ出版)

・ 『小さな心から抜け出すお坊さんの1日1分説法』彼岸寺(2013年2月・永岡書店)

・ 『考えない練習』小池龍之介(2012年3月・小学館)

 

 

【類書との差別化ポイント】

仏教に類書はたくさんある。差別化としては、(・・・)解説できる。また著者は心理カウンセラーでもあるため、心理学を用いた独自の観点でノウハウを提供できる。

 

 

【章立て(目次案)】

 

はじめに

第1章

第2章

 

【著者プロフィール】

 

(画像)

 

(経歴)

 

(現在の活動)

 

 

【見本原稿】

 

(1ページ半)

 

 

 

 

こんな感じです。だいぶ省略しましたが!(笑)

 

全5ページですね。

 

 

あまり情報量が多くても、編集者が読みにくいです。

 

かと言って、必要な情報がなければ、本が出せそうな人かどうかわかりません。

 

 

必要なものだけに絞ったものが、この企画書であり、出版社に対する「名刺」だとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『出版への道のり』〜#8 具体的なアクション

『世界に通用する「個性」の育て方』聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て

 

 

 

#8 具体的なアクション

 

 

 

もちろん祈ってればいいというわけではありません。

 

「祈り」と「具体的な行動」がクリスチャンには必要です。

 

 

 

「食べるもののない方に必要な食事が与えられますように。」

 

と祈ってるだけじゃなくて、そのために具体的な行動をくっつけて、だからお願いします、という祈りです。

 

 

 

聖書の中にも、

 

「この友人の病気を癒して欲しい」と思った4人の男が、マルコの家の屋根をぶっ壊して、

 

イエスさまの前に連れて来ました。

 

(屋根までぶっ壊すってやりすぎだろ!とは怒られなかったのが不思議。笑)

 

いつもイエスさまは願ってるだけはなく、行動をくっつけることを求めています。

 

 

 

 

 

同じように、「出版させてください」と祈っただけで、出版はできません。

 

 

 

先に本を出している人に、プロフィールの書き方、企画書の書き方を教えてもらい、

 

そして、出版社の編集者さんの紹介をしてもらったのです。

 

 

 

これが、具体的なアクションです。

 

 

文字にするなら、簡単そうに見えますが、大変でした。

 

 

何度も東京に行きました。

 

企画書の書き方を教えてもらうために、本の「あとがき」にも感謝を綴っている小嶋さんに食らいつきました。(笑)

 

 

あまり誰かにお願いをしないタイプなので、

 

自分自身の中に「こんな自分がいるんだ」と思うほど、必死でした。

 

 

プロフィールは、6回くらい書き直しました。

 

企画書は、11回最初書き直しました。トータルすると、20回は書いています。

 

何が正解がよくわかりませんし、途方にも暮れます。

 

それでも、書き直し続ける。

 

 

 

これが、具体的なアクションです。(2回目)

 

 

 

 

次回は、企画書の書き方について、お話しします。

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

『世界に通用する「個性」の育て方』〜聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て〜

 

 

 

 

『出版への道のり』〜#7 商業出版をしてる牧師、少なっ!

 

 

#7 商業出版をしてる牧師、少なっ!

 

 

 

 

 

プロテスタント教会では、商業出版している人がほとんどいないのです!

 

牧師では、アーサー・ホーランド師、中野雄一郎師、藤䉤庸一師、石井稀尚師の4人しか、

 

調べた限りいませんでした。(当時)

 

 

 

少なっ!!!!

 

 

 

(「億万長者」本をたくさん出しているベストセラー作家のクリス岡崎さんも、元牧師だと聞きました。「クリス」は「クリスチャン」のクリスだそうです。)

 

 

 

カトリックの方はたくさん出しています。


 

お坊さんはもっとたくさん出しています。しかも、売れ筋です。

 

 

 

 大川隆法もしょっちゅう出しています・・・。(2300冊って!爆)

 

 

 

 

 

「プロテスタントなにやってんねん!」

 

というツッコミは、まんま自分に跳ね返ってきます。(笑)

 

 

 

切り込んでないのです。切り込もうとしてないのです。

 

 

中野雄一郎先生とは、直接お話をしたことがありますが、

 

中野先生はビジネスの世界にどんどん切り込んで行ってます。

 

 

 

誰かを責めるのでなくして、自分を責めました。

 

教会内でじっと待ってたって、その教会の存在が知られることはないのです。

 

 

 

 

その日から、「ボクのVisionは出版でいいですか?神様。」と祈るようになりました。

(他の選択肢を出さない。笑)

 

「志を心に与えてくれるのは神様」という聖書のみことばもありますし。

 

 

 

 

そんな背景と強い思いと祈りから、出版への道が具体的にスタートしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

『世界に通用する「個性」の育て方』〜聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て〜

 

 

 

 

 

 

 

『出版への道のり』〜#6 なぜ「出版」をするのか?

 

 

#6 なぜ「出版」をするのか?

 

 

 

岡山でクロスロードチャーチ岡山というキリスト教会の牧師をやっております。

 

またミュージック・レッスン(おもにバンドでする楽器)を教えながら、私自身もROCKをやっています。

 

自身の音楽レーベルから、CD3枚リリースもしています。

 

 

 

そんな私が、なぜ「出版」なのか?

 

 

 

 

 

私の成分は、「優しさ半分、効き目半分?」ではなく、「神の愛全部」でできております。(笑)

 

というのは、「このままの自分を愛してくれた神」がいるからこそ、私は生きていられるのです。

 

 

 

だから、私の地上における目的(ミッション)とは、

 

その「神の愛」を言葉によってでも、態度によってでも、生き様によってでも、必要な人に届けることなのです。

 

 

もし、おじいちゃんになって、牧師を引退したとしても、その目的は変わりません。

 

生きる使命ですから。

 

 

 

 

昔から感じておりましたが、

 

日本のキリスト教会というのは、

 

とても内向きで、一般の人に教会に来てほしいと強い願いを持つ反面、

 

何もしていない感あまりクリスチャンではない人の感覚を知ろうとしない感が否めませんでした。

 

 

 

私は音楽をやっていたので、宗教色を出さずにROCKな感じでなんとか一般の人へ

 

「神の愛」を届けたいと思っていました。(もちろん、これからもやっていきます)

 

 

でも、自分の好きなこと(能力のあること)をやっても、必ずしも、多くの人へそれを届けられるとは限られません。

 

理解されないことばかりです。

 

 

 

音楽の力はすごいし、ROCKの感情伝達力も半端ないと、それは今も変わらず思っています!

 

それを前提に言わせてもらうのですが、

 

多くの出会ってきたビジネスパーソンは、日常的に音楽を聴いているという人が非常に少ない印象なのです。

 

 

名刺で音楽の部分を削られた話をしましたが、

 

めまぐるしく進歩する情報社会の中で、もっと知りたい、もっと自分を磨きたいという上昇志向の社会人が多いのです。

 

それが、経営者であったり、管理職にあったり、大きな責任を持っている人ほどそうなのです。

 

 

 

もちろん好きなアーティストはいるだろうし、音楽番組やライブも好きだとは思うのですが、

 

ビジネスに深く関わってる人は、何に日常的に触れているかというと、書籍なのです。

 

 

ビジネスの最先端の人であればあるほど、勉強熱心でセミナーに行ったり、講演会に行ったりしています。

 

その中でも手っ取り早く知識を入れることのできる

 

「本を読む」ことを多くの人はしている。

 

 

 

「神の愛(そのままで認められている)」をミッションに持つ牧師として、

 

一般社会に切り込むには、本じゃないかと思い始めたのが、「出版」をしたいと思ったきっかけです。

 

 

 

 

それで調べました。どれくらい牧師や神父で出版している人がいるかを。

 

カトリック教会では、商業出版している方は、シスター渡辺和子さんを始め、とても多いのですが・・・、

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

(イオン岡山内未来書店で、渡辺和子さんの近くの場所で置かれて咲いてる「世界に通用する「個性」の育て方」)

↓↓↓

 

 

 

 

『世界に通用する「個性」の育て方』〜聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『出版への道のり』〜#5 具体的なプロフィール作成方法とは

 

 

#5 具体的なプロフィール作成方法とは

 

 

 

 

ということで、今回は、具体的な著者が行うプロフィール作りを教えます。

 

 

1、第三者が30分〜60分くらいの時間をかけて、あなたをインタビューします。

 

  ここでは、生まれた頃から遡り、何か気になることがあれば、細かくメモります。

  膨大な量で構いません。

 

  特に具体的な数字を聞きます。

 

  あなたを知らない人には、数値化が一番あなたを見えやすくするのです。

 

 

  「聖書の話を今までに10人にしたことがあります」

 

  というのと、

 

  「聖書の話を延べ58,000人以上に伝えてきました」

 

  というのとでは、どちらの人の話を聞きたいと思いますか?

 

  そういうことです。(笑)

 

 

 

2、第三者がまとめ上げます。プロフィールを書いてもらってもいいですね。

 

  「ここ」と「ここ」が気になったし、もっと知りたいと思ったという点を箇条書きしてもらいます。

 

  案外、「え?こんなことが気になったの?」と自分では気づかないことも多いです。

 

 

  私の場合、教育機関で講演した経験は、地域の学校だったので、そんなに大したことないと思っていました。

 

 

  でも、第三者から見ると、それは誰でもできない特筆すべきこと、だったのです。

 

 

 

3、それを参考にして、自分で誰が見ても、自分の強みがすぐわかるように、まとめます。

 

  まとめたものをもう一度、第三者に厳しくチェックしてもらうのがいいでしょう。

 

  「厳しく」と言ったのは、何度でも書き直すべきということです。

 

  1、2回でプロフィールは完成しません。

 

  私は10回以上、書き直しました。(笑)

 

 

 

 

 

プロフィールに関して、前回と今回2回に分けてお伝えするほど長くなってしまいましたが、

 

それくらい出版において、プロフィールは大事なことなのです。

 

 

 

 

つい最近、元JAXA(宇宙航空研究機構)の方と知り合いました。

 

私は、漫画「宇宙兄弟」が大好きなので、

 

「わお〜!とうとうムッタに会えた!」

 

と思いました。

 

 

でも、元乗組員ではなく、元開発責任者でした。(笑、でもすごいですよね)

 

 

宇宙の最先端に携わるエキスパートだった方の話は、私だけでなく誰もが飛びつきます。

 

あっという間に出版が決まりました。まさにロケット並みの速さ。

 

 

プロフィールがすごいだけで、文章力、文章量、企画力がなくとも、本は出せるのです。

(その人は、全部備わってました)

 

 

誰もが宇宙に携わってるわけでもないし、芸能界に精通しているわけでもありません。

 

でも、自分の「すごさ・強み」を瞬時で示すことができるのがプロフィール。

 

 

 

 

 

これを覚えておいてください!

 

本を書こうとする前に、整えておくべきは、「プロフィール」なのです。

 

 

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

『世界に通用する「個性」の育て方』〜聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て〜

 

 

 

 

『出版への道のり』〜#4 プロフィールは第三者視点

 

 

#4 プロフィールは第三者視点

 

 

 

 

以前の私のプロフィールはこんな感じでした。

  • 趣味:罰ゲーム
  • 性格:負けず嫌い(ゲームなど容赦しない)
  • 苦手:虫。特に黒の物体G
  • 好きなスポーツ:ボクシング、バスケ、野球
  • 見た目:「え?マジで牧師なん?」ってよく言われる。(ちょっと言われたい)
  • 最近の悩み:腰が痛い。目が疲れる。肩こり。食べる量が減った。長時間寝れない。夜中にラーメン食べれなくなった。同じこと何度も言う。忘れっぽい。昔を懐かしむ。つまり、老化…。(自覚症状あり)

 

出版したい人がこのプロフィールではダメです。(笑)

 

 

本に載っているプロフィールは、こうです。

 

後藤 哲哉(ごとう てつや) 

1972年、埼玉県入間市生まれ、岡山在住。

東京基督教大学神学部卒。西南学院大学神学部卒。

クロスロードチャーチ岡山(キリスト教会)牧師。心理カウンセラー。子育てセミナー講師。

24歳で牧師となり、これまで延べ58,000人以上に聖書の教えを説いている。

人の持つ大きな悩みとは、自分の「本来の価値」と「個性」、そして「ポジション」を知らないことにある。それを聖書と心理学を用いた独自のカウンセリング法で、伝えている。

 

 

 

プロフィールとは、自己紹介なのですが、自分の全部を知ってもらうものではありません。

 

またウケを狙うものでもありません。(笑)

 

 

 

例えば、あなたの知らない人が、

 

「どんな人なのかな?」と思い、あなたのプロフィールを読もうとします。

 

 

19○○年○月○日(金)午前2:08  分娩時間8h39mをかけ、2,959gで生まれました。

 

という細かい情報から始まって、

 

200行くらいのプロフィールがドバーッと続いたとします。

 

そんな膨大な情報量を読む人いますか?(笑)

 

すでにファンである人くらいですよね。

 

 

 

つまり、プロフィールとはわずかな時間で、他者にメリットを与えることのできる人物だと、

 

認識されるために、興味を持たれるものだけを集約したものなのです。

 

 

 

 

 

では、相手に必要な情報を選別する作業は誰がするべきなのでしょうか?

 

三択です。

 

 

(1)自分

 

(2)あなたを好きな人

 

(3)客観的に見れる第三者

 

 

 

(1)の自分を考えてみましょう。

 

誇れるものがあったとします。

 

でも、そんなの自分からアピールするもんじゃないと、公表するのをためらう人が多いのです。

 

私もそうでした。

 

ちょっとウケを狙おうとして、自虐ネタみたいなのをプロフィールに入れたこともあります。

(過去のプロフィールがいい例)

 

あなたを知らない人に向けて、「笑い」も「謙遜」もいらないのです。

 

一瞬で得意分野を示さなければならないから、余計なものは省かなければならない。

 

 

 

(2)のあなたを好きな人がプロフィールを考えた場合、

 

ひょっとしたら好きすぎて、エモーショナルになりすぎるかもしれません。

 

 

極端に例えると、

 

 

「後藤哲哉はラブリーで凛々しくてダンディーで非の打ち所なし!」

 

 

みたいなメロメロでおバカなものになってしまいかねません。(笑)

 

他者から見たら「きもっ」で終わり、2度と興味を持たれません。

 

 

印象や主観的なものはプロフィールにはいらないのです。

 

 

 

(3)の第三者が正解です。

 

客観性と他者が気になる経歴がプロフィールには必須なのです。

 

 

「そんな経歴があるの?すごい!じゃあ、この人の本なら読んでみたい!」

 

 

と思われるプロフィールに設定すべきです。

 

 

そのためには、第三者にインタビューされて、第三者がまとめ上げて、本人がそれを要約することなのです。

 

 

 

 

 

でも、このプロセスは正直大変なのです、、、。

 

 

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

<予告:具体的なプロフィール作成方法>

 

 

『世界に通用する「個性」の育て方』〜聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て〜

 

 

 

 


 

『出版への道のり』〜#3 趣味は外して得意分野だけ

 

 

#3 趣味は外して得意分野だけ

 

 

 

その懇親会で出会ったインパクトのある人物とは・・・

 

 

 

一圓(いちえん)さんという方で、本を出したばかりの、とても「できる」オーラを身にまとってる人でした。

 

 

名刺交換タイムで、名刺交換ができなかったので、懇親会の中で私の名刺を差し出したのです。

 

 

まあ、相手は酔っ払ってるのもありますが、

 

イスに座ったまま、裏を見て、

 

 

 

「う〜ん、これとこれとこれがいらないね。この肩書きだけでいいんじゃない?」

 

 

 

と音楽関連の肩書きなどはいらないと言うではありませんか、、、。

 

牧師と心理カウンセラーだけでいい、と。

 

 

 

内心、「こ、このヤロウ・・・」とは思ったのですが、(笑)

 

 

 

ビジネスパーソンの世界では、やはりあれもこれも肩書きがありすぎると、本職がボヤけてしまうし、

 

音楽は個人的に楽しみつつも、仕事の場で音楽関連は興味を持たれないという意味だと思います。

 

 

事実、たくさんのビジネスパーソンに会ってきましたが、

 

私が音楽をやってることに関して、興味を持つ人はほとんどいません。

 

 

 

名刺一つにしても、自分の本当の売りをコンパクトにして示しつつ、

 

あれもこれも入れないことは大事なんだと、後々気づきました。

 

 

 

なので、結果的に一圓さんの言う通りにしたのです。

 

 

酔っ払ってたのに、鋭い指摘だなと今では感謝しております!

 

 

 

 

つまり、今回言いたいことは、出版したいと願うなら、

 

自分の好きなことや趣味的なことを持ち出すよりも、

 

世間一般は何に興味を持っていて、

 

自分はどんなお得なソースを持っているか、どれだけメリットのある情報を提供できるか、

 

それを短時間でいかに示せるか

 

ということです。

 

 

 

あなたの友人でない限り、あなたの趣味には興味を持ちません。(笑)

 

 

 

ですから、それまで使っていたプロフィールもだいぶ書き換えました。

 

 

 

 

 

プロフィールは第三者視点がどれほど大事か・・・

 

 

 

 

(続く)

 

 

『世界に通用する「個性」の育て方』〜聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て〜

 

 

 

 

 

 

 

書店・Amazon・ネットなどで【ランキング1位獲得】

 

みなさまのおかげです!

 

『世界に通用する「個性」の育て方』〜聖書に学ぶ「自己肯定感と自立心」を高める子育て〜が、

 

1位を獲りました!!

 

 

 

各書店(東京・岡山)でランキング1位!(2位もある。笑)

 

Amazonで2日間、妊娠・出産・子育てランキングで1位!(2日間)

 

日本実業出版社のホームページ総合人気記事ランキング

  『欧米流「子どもの自己肯定感」の育み方とは?1位!(一週間)

 

 

 

証拠並べます。(笑)

 

 


 

 

 

応援してくださり、心から感謝申し上げます。

 

重版目標にしていますので、今後ともご支援、よろしくお願いします!

 

 

 

(次回、「出版への道のり」#3をお送りします)